センター後継試験 英語は「マークシート」と「民間検定試験」必須に

大学入試センター試験の後継として2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語について国立大学協会は10日、当初の4年間はセンターが作成するマークシート方式の試験と、英検やGTECといった民間検定試験の双方を、一般入試の全受験生に課すことを決めた。広島市で開かれた総会で方針が示され、了承された。

文部科学省が7月に公表した共通テストの実施方針で、英語は「読む」「聞く」だけでなく、「話す」「書く」を含めた4技能を評価するため、民間試験を活用することにした。ただ、大幅な制度変更となるため、23年度まではマークシート試験も残し、各大学が自由に選択できるようにした。国立大が一致して双方を課す方針を決めたことで、私立大や公立大にも影響がありそうだ。

民間試験の活用方法については、一定の水準に達することを2次試験の出願資格とする案や、マークシート試験の得点に加算する案などが検討されており、国大協は今年度中にガイドラインを決める予定。総会では「民間試験の検証は早めに進めるべきだ」「透明性や公平性の観点で学会などの意見も聞いてほしい」といった声が出た。記述式試験については共通テストだけでなく、2次試験でも論理的思考力、判断力、表現力を評価する高度な記述式試験を全受験生に課すことも決めた。

国大協会長の山極寿一・京大総長は総会後の会見で「国立大が両方使う方針を出したことは非常に大きなメッセージになる。全大学が一致して改革に向かわなければ意味がない。私立大も適切な反応をしてほしい」と述べた。
朝日新聞 2017.11.10

Categories: Blog | Leave a comment

2017年12月~2018年2月 授業日のご案内

2017年12月~2018年2月の授業日についてお知らせいたします。

Categories: Blog | Leave a comment

2017年9月~11月 授業日のご案内

2017年9月~11月までの授業日が決まりましたので、お知らせいたします。

Categories: Blog | Leave a comment

2017年7月~9月 授業日のご案内

2017年7月~9月までの授業日が決まりましたので、お知らせいたします。

Categories: Blog | Leave a comment

2017年度ハーバード卒業式

校長のトム先生がハーバード大学大学院を卒業したため、2017年5月25日にボストンで行われた卒業式に出席しました。
日本のメディアでもフェイスブック創業者で資産7兆円のザッカーバーグがスピーチしたことで報道されています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-40058025-bbc-int(ヤフーニュース)

全文を日本語へ翻訳された方がいますので、聞き取りが難しい方はこちらをご覧ください。
http://keizokuramoto.blogspot.jp/2017/05/blog-post_74.html

ザッカーバーグは、この場で初めてベーシックインカムの導入を提唱しています。ベーシックインカムとは、今後10~20年以内に約50%の仕事がロボットやAIに置き換わる可能性があり、それによって貧富の差が拡大するため、生きていくのに必要なお金をすべての人が無条件で受け取れるシステムです。また、誰もが新しいことにチャレンジできる社会にはベーシックインカムのような社会システムを検討すべきだと主張しています。すでにケニア、オランダ、フィンランド、カナダ、アメリカ(サンフランシスコ、カリフォルニア)などで導入実験が行われています。
ハーバードの学生たちは今回のスピーチを聞いて、ザッカーバーグが政治家への道を模索しているようだと話していました。ザッカーバーグ他、映画「007」のM役で女優のジュディ・デンチなどの有名人が出席するメインの卒業式は午後に行われ、午前中に生徒一人一人に卒業証書の授与式がありました。

卒業式前のイベントで数名の日本人学生と話をすることができました。それぞれユニークな経歴を持っており、ハーバードにふさわしい方々でした。日本人学生が非常に少ないので、これからの日本の子どもたちに期待したいです。

大学敷地内の写真をアップロードすると著作権侵害となるためアップロードできませんが、ハーバードの図書館や食堂が映画「ハリーポッター」に出てくるような豪華な場所でした。

 

バーバード学生に人気のピザ屋さん。

Categories: Blog | Leave a comment