browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

中3全員に英語学力テスト、19年度から 文科省プラン

Posted by on 2015/06/06

 文部科学省は5日、中学高校の「生徒の英語力向上推進プラン」を発表し、中学3年生全員を対象にした英語の学力テストを新設する方針を明らかにした。「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を測り、指導の改善につなげる。2019年度から複数年に1回のペースでの実施を検討する。

 新テストの問題は、民間試験のノウハウを生かしながら独自に開発する方針。「話す」能力の測定には採点者との対面試験も必要となり、詳細は有識者会議で決める。

 国語や数学で毎年実施している「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)と同様、都道府県別の結果などを公表。他に生徒の英検取得率などのデータも明らかにするとしている。

 政府の教育振興基本計画では、17年度に中学卒業時に英検3級程度以上、高校卒業時に英検準2級程度以上の生徒の割合を50%にするのを目標としている。プランではさらに24年度には70%まで引き上げることを目指すとした。

 各都道府県には、今年度末までに英語教育に関する達成度や数値目標を公表するよう求める。

 中高生の英語力を巡っては、文科省が昨年、高3の約7万人を抽出して4技能の調査を実施した。今年7月には中3の約6万人を対象にした初の抽出調査を予定している。(日経新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H7Z_V00C15A6MM0000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です